アイカンタムトップページへ



ファストリバースDC(*) 技術と標準遠隔供給技術を用いることにより、高精度のAC-DCトランスファー標準を、簡便かつローコストに提供する事を目的として開発されました。サーマルコンバータ(交直変換器)のファストリバースDC測定の他に、AC-DC差(交直差)の高精度比較測定等が可能です。

(*注)ファストリバース(Fast-Reversed) DC: 正極性の矩形波と負極性の矩形波を交互に組み合わせて、精密な交流矩形波を合成する手法。サーマルコンバータの特性評価に用いる。

>>ET2001 ADS System Support Page
>>カタログダウンロード

機能
1. サーマルコンバータの熱的交直差の評価
2. サーマルコンバータのAC-DC差の比較測定
3. 精密正弦波の発生(1V-10V,10Hz-1MHz)
4.

交流電圧の精密測定(外部直流電圧標準利用)


装置構成:
1. サーマルコンバータ装置(TCモジュール)
2. ファストリバースDC装置(FRDCモジュール)
3.

精密正弦波発生装置(DSSモジュール)

4. USB-I/F機能付き電源装置(PS/USBモジュール)

特徴
1. インターネットを利用した遠隔測定モニター機能。
2.

完全自動化による測定の信頼性向上。

3.

小型化により容易に輸送が可能。


用途
1. サーマルコンバータを用いた巡回比較試験、技能試験への対応
2. 標準電圧発生装置やDVMの精密評価


.
IQUANTUMはAIST認定ベンチャーです。